いよいよコロナウィルスが堺市にも感染確認され、いわゆる風邪症状でも、感染の可能性を完全には否定できません。そのため、一定期間、院内における感染防止対策を行います。なお、当院では新型コロナウイルス検査はできませんので宜しくお願いします。

 

医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイドhttp://www.kankyokansen.org/uploads/uploads/files/jsipc/COVID-19_taioguide2.1.pdf

環境感染学会から出された指針です。すでにマスクや消毒剤などの入手困難な状況ですが、できる限りの予防策に努めたいと思います。

・常時、院内の換気に努める。(常に窓が開放されています。待合室は少し寒いですがご理解ください。)

・耳鼻咽喉科外来では超音波ネブライザー装置の稼働を停止(エアロゾルを発生する装置は感染拡大の防止)

・次亜塩素酸散布機器を院内に4台設置し各所で常時稼働

・次亜塩素酸を常時手動散布。スプレーで頻回こまめに消毒。

・予約診療枠を拡大充実し、待合室の混雑を防ぐ。不要不急の来院を勧めず、定期処方薬は可能な限り長期処方させて頂きます。

・日本医師会からの指針を元に、インフルエンザ等の迅速検査につきましても停止させて頂きます。

“インフル検査 控えて” 医師会 予防策とれない医療機関にhttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20200311/k10012326511000.html

・診療時、マスク、フェイスシールド、眼鏡や手袋、ガウンを着用する場合があります。お子様には少し見た目怖いかもしれませんが、クリニックにおける感染拡大の防止のため、何卒ご理解の程どうぞ宜しくお願い致します。

はやく終息して、いつもの状況に戻るように皆んなの笑顔が戻りますように。そして子供たちの学校も幼稚園も、暖かくなって桜が咲く頃にはいつもの日常が始まりますように。心から願っております。

 

 

尚、下記の症状のある方は必ず、各地域の「帰国者・接触者相談センター」に連絡をとってください。
「新型コロナ・ウイルス疑い」の患者さんは専門の医療機関での診察が必要です。
感染拡大の可能性があるため当院では診察はできません。

A 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
B 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
C 高齢者や基礎疾患等のある方は、AまたはBの状態が2日程度続く場合

堺市の相談センター窓口

TEL 072-228-0239

 

 

さかい社の杜クリニック